九州藩 目黒大鳥店 導入事例

お釣りの不足が解消。ランチタイムのキャッシュレス化も実現。

グルメ

東京都目黒区目黒:九州藩 目黒大鳥店:原様
導入サービス:Amazon PayNETSPay

手数料が無料だから、ランチタイムのキャッシュレス化を実現。
− ニッポンタブレットを導入するまでは、ランチの支払いは現金だけだったとお聞きしました
 そうですね。夜の営業時間は、お店を開いたときからクレジットカード払いもできるようにしていました。ただ、ランチは料理をお安く提供していることから5%も手数料を取られてしまうと利益がほとんどなくなってしまうので、クレジット払いはお断りしていたのです。時々、お客様から「カードやスマホで決済できないの?」と聞かれることもあったのですが、その際も現金で支払いをお願いしていました。
 ニッポンタブレットはタブレットの導入も決済手数料も無料なので、お話をいただいたときにすぐに導入を決めました。当店はアマゾンジャパンの本社が近く、ランチタイムには社員さんが来店してくれるので、Amazon Payが使えるニッポンタブレットとの相性も抜群。 Amazon Payは特に外国人のお客様と親和性が高く、常連さんのなかにはお財布を持たずにスマホ1台だけで来店される方もいらっしゃいます。
業務効率化から釣り銭不足の解消まで。細かな点にもメリットを感じています。
− ニッポンタブレットを導入して実感した良い点を教えてください
 まずは、レジを開けなくても清算が完結できる点は大きなメリットだと思います。夜の営業時間は35席をキッチンとホールを合わせて3人で回すことが多いので、お客様が多いとてんてこ舞いになることもあります。そのようなケースで、お客様の席までタブレットを持っていき、その場で会計を済ませられることは、業務の効率化と精算ミスの防止に大いに役立っていると感じています。
 細かなところでは、釣り銭切れのリスクも低減できたのは嬉しいですね。これまでは2週間に1度、近所の銀行で約7万円分を両替していたのですが、硬貨は重いですし、両替のためにいちいち銀行に通うのも時間の無駄だと感じていました。また、週によっては営業中に釣り銭が足りなくなってしまうこともあります。その場合、近所の自動販売機でジュースを買ってお札を崩すほか、スタッフのお財布の小銭と両替しなければならないこともあったのです。そのような手間を省けることができるのは、QRコード決済の大きなメリットだと思います。
 また、支払い時にお客様の手持ちが足りないこともたまにあるのですが、そのような場合にもQRコード決済でお支払いいただいて、大きな問題にならずに済んだこともありました。私たちのような小規模の飲食店が抱える細かな課題解決にアプローチしてくれるのがニッポンタブレットだと思います。
バッテリーの持ち時間の改善に期待。
− ニッポンタブレットのこれからに期待することはありますか?
 使っていて気が付いたのは、タブレットのバッテリーの持ち時間が少し短いことです。常にレジ横で充電しておけば問題ないですが、お客様のテーブルで清算したあとにそのままにしておくと、必要なときは充電切れ…。といったこともありました。あとは、使えるQRコード決済の会社が増えると便利だと思います。近隣の飲食店などにも最近はQRコード決済の端末を設置するお店が増えているので、どのお店にいってもキャッシュレスに対応できる環境がつくれたら、より便利な世の中になるのではないかと期待しています。

九州藩 目黒大鳥店 原様

不動の人気料理「博多名物鉄鍋餃子」のほか、もつ鍋や馬刺しなど九州の料理と焼酎を豊富に取り揃えております。 ランチメニューはチキン南蛮が大人気!お腹いっぱいお楽しみください。

Amazon Pay 居酒屋 支払い方法 ランチタイム
電話受付時間 9:00~21:00