池上精米店・荏原町商店街

単価の低い物販店こそ、キャッシュレス導入のメリットが
あるとおもいます。

ショッピング

池上精米店・荏原町商店街
導入サービス:Amazon PaypringWeChat Pay

スマホ決済をご利用するお客様も増えてきました
 東急大井町線の荏原町駅前にひろがる「荏原町商店街」は、約160店の商店街があり、池上精米店は1948年からつづく創業70年以上の米店です。わたしは商店街組合の理事をしています。「ニッポンタブレット」を知ったきっかけは、同じく商店街の理事をやっている商店さんが教えてくださいました。はじめてみようと思った決め手は、導入の気軽さです。商店街の店主たちがカード決済を嫌がるのは、手数料が高くて負担になるからです。決済書類を郵送したりすることも、面倒だと感じるのです。
 しかし「ニッポンタブレット」の決済は、初期導入の負担が少なく、使用履歴もすぐに確認できます。クレジットカードのようにレシート用紙を用意したり、書類を郵送する手間もありません。キャッシュレス導入に躊躇しがちな物販店こそ、小銭の用意も要らないスマホのQRコード決済をおすすめします。
北海道から九州まで全国のこだわりのお米を扱っている、「お米マイスター」のいる米店です
  わたしは、お米の博士号とも言える「お米マイスター」の資格を持っています。おいしいごはんをみなさんに食べていただきたいと思い、お米の種類、栽培方法、生産地などお米の特長を活かした精米技法やブレンド、炊き方などをお客様にアドバイスしています。
 当店では四国、佐賀、島根、おいしい水で有名な奥大山・鳥取のお米など、常時30種類以上のブランド米を取りそろえています。
 お客様のニーズは、化学肥料を9割使用しないなどの特別栽培であることや、おいしくて安全であることは当たり前になり、さらにブランドや農家さんのストーリー性を求められます。量販店にはないこだわりのお米を買い求めに来店されるお客様は、30~40代の女性の方が多いです。Amazon Payで支払いができることをお声掛けすると、気軽に使ってくれます。お客様は一回使い方を覚えると、便利なので毎回キャッシュレスで決済してくれますね。
とりあえず使ってみる。面倒くさいとなると、何も進まない
 商店街には独自の「えばらまちのポイントカード」があります。店側がポイントの負担をすることになるため、決済手数料とポイントの両方がかかってしまうと、とても負担です。pring(プリン)の決済手数料は、0.95%と他の決済ブランドよりも安いことが魅力的です。これならポイントとの併用もさほど負担にはならないです。
*pring(プリン)2019年8月現在、決済手数料0.95%

 品川区の合同講習会にも積極的に参加して、キャッシュレスや軽減税率のことなど説明を受けています。キャッシュレスはスタートしたばかりなので、業界他社の企画がありすぎてわかりづらいと感じる店主も多いと思いますが、とりあえずやってみないとお客さんの感触もわからないです。本当にいいか悪いかはその後に判断すればいいので、「まずは進まないと!」と思いキャッシュレス決済をはじめてみました。
リピーター急上昇の「土佐・玄米グラノーラ」。味付けにお味噌を使うなどこだわりの一品。手作りカップケーキのお菓子は、TVで何度か紹介されました。

荏原町商店街 池上精米店

池上精米店では、その場で精米をしています。精米したてのお米の味は、格別においしさがちがいます。少量ずついろんなお米を食べ比べしてみることをオススメします。

Amazon Pay pring 商店街 専門店 物販店
電話受付時間 9:00~21:00